電柱の撤去は意外と…

私道での車両通行障害で電柱を
移設してほしいとのご依頼


電柱net 私、ひさし調査員は現場調査へ
既設電柱の直径は345mm
現行使用する同条件(電柱の高さ、強度)の
電柱に建替えした場合は260mm
85mmは減少することになることには
なるんですが….。

    既設電柱 コンクリート柱 14m-500kg
 現行電柱 コンクリート柱2本継 14m-5.0kN

現状


電柱netの現場調査の結果は


電柱は撤去出来ると判断
電力会社に電柱netの電柱撤去案の
詳細を伝え電力会社の設計者に
現場調査をお願いしました

電力会社の現場調査の結果は


電柱は撤去出来るとの回答

電柱撤去までに3か月程度かかりました
電力設備だけであればもう少し早く出来たと
思いますが
当該柱にはNTTの光ファイバーとメタル回線
ケイオプティコムの光ファイバーが施設されて
いる都合上、若干時間がかかりました。

まず、電柱から電線を撤去

そして電柱の撤去も完了しました

今回の案件は電力会社の設備についての
移設検討は簡単なものでしたが
問題は電力会社以外の設備が撤去出来るか
この点が重要ポイントでした。

しかーし

光ファイバー移設設計を関西一していた
ひさし調査員としては予定どおりの結果に。

電力会社に直接移設依頼された場合と
電柱netにご依頼された場合とでは異なる
結果になる場合がままあります。

一人、ご家族でお悩みになっても
移設の検討は素人では出来ません。

電柱移設検討、鑑定の専門の電柱netに
ご相談下さい。初回相談は無料です。
しつこい勧誘は致しませんのでご安心を。

コメント