電柱netについて

電柱netは電柱等の電力設備で
お困りの方の相談窓口です

 

電柱は移動できないのでは?

と思っている方はいらっしゃいませんか?実際は特別なケースや
用地的な問題が無い限り移動できると考えていいでしょう。
特に自身の敷地内での移動は実際の経験から移動は比較的容易です。

電柱netでは電力会社、NTTの電柱、支線、電線の移動、移設時の
対応方法
技術検討及び電力会社等との協議をメインの業務として
いますので、移動出来たらなぁーと思われたらまず、電柱netの
相談をご利用下さい。

電柱netの所在地が関西電力管内ですが、電力設備の技術基準は
どの電力会社でも共通ですので日本国中、対応可能です

お問合せには回答致しますが…。

  2020年8月5日 16時00分現在

  お申込み、お問合せ、ご質問を多数頂いております。
  ご質問については原則無料で回答させて頂いておりましたが
  あまりにも数が多く新たに人員を投入しなければならない
  状況になっております。

  上記日時以降のご質問については、Amazon 
  電柱netほしい物リスト内からご寄付して頂ける方のみご質問下さい。
  回答させて頂いた後、ご質問者さまがほしい物リストからご寄付して
  頂けるものを選択して下さい。


  2020年8月5日追記
  ・企業案件、新商品開発についてのアドバイス、コンサルタントに
   ついては最初にその旨の申し出をお願いします。
  ・また、ご質問等の回答時にご寄付頂ける際のAmazonギフトカードの
   場合の希望金額を提示させて頂く方式に変更させて頂きます。
   ※回答内容について金額が変動します。また提示する金額は過去の
    ご質問でご寄付頂いた平均値を参考にしております。
    通常の商品を選択頂ける場合はそちらを選択して下さい。

   ※回答後、ご寄付については速やかにお願い致します。
      

  

  • 支線の必要性(支線は絶対に必要なのか?)
  • 電柱の強度について(設置基準はどうなっているの?)
  • 電線にとまる鳥の糞害(どこまで対応してくれるの?)
  • 電柱などの移設費用(電力会社、NTTのHPでは具体的な金額がない)
  • 自然災害時の補償(自然災害でも設備に瑕疵があれば補償対象)

など、お問合せには回答させて頂きますが、現場の状況が分かる
写真等を添付して頂き、ご依頼頂く理由も記載頂きますよう
お願いします。

とりあえず連絡下さいのお問合せには対応致しません。

なぜ電柱netの情報は正確なのか

電柱net管理者は、経歴にもありますように電力会社で25年勤務し
約20年間、実際の配電設備設計者と従事しておりました。
独立後は配電設備を中心とする電力会社、NTTの最新動向の収集
新設された現場の調査、技術計算また関係者からの聴取、そして
実際の
ご依頼で得られた情報を元に正確な情報を収集しています

お願い

電柱netでは、多くのご依頼や質問をお受けしている都合上、初動での
電話対応はしておりません。必ずメールでお願いします。