事例3

この電柱はいわゆる末端柱(電線が最後になる柱)
写真の電柱、支線はNTTの所有するもので更に
後日、電力会社の支線も取付けされる予定とのことで

ご依頼頂きました
NTTと協議を行い
支線は撤去出来る事になりましたが
電力の支線はついては既に許可を出しているので

電柱netで協議して下さいとの回答

電柱net対応分

早速協議に着手
電力会社も当初、難色を示しておられましたが
協議した結果、周囲の設備を活用することにより
支線が撤去されることになりました

電柱net対応分

単独での移設、撤去は難しい場合もありますが
既設の設備を活用する方法もありますので
諦めずに電柱netにご相談下さい

支線が必要な電柱

電柱netで最も閲覧されている記事です
どういった場合、支線が必要なのか
簡単に説明していますので是非参考に

スポンサーリンク
電柱net
タイトルとURLをコピーしました