本日9/1発売 FLASHの記事について

電柱net 山本剛史(山本ひさし事務所代表)が
取材協力した記事が、2020年9月1日
発売の
FLASH 2020年9月15日号に掲載されました。
今回の記事については、一般の方が見て現状で
一番わかりやすい危険な電柱の判別方法を説明
させて頂きました。

本当はもっと危険な設備はあるんですが
今回は初心者向けで分かりやすくということで。

 

2014年12月から、電柱netでは主に近畿地方を
中心に、現場調査を実施 NTT、NTT協力会社
工事施工業者、電力会社への裏どり調査
情報収集を開始、その報告として

 

2018年9月に
電柱net 不具合のあるコンクリート柱
記事を掲載、反響を得ました。

 

奈良市登美ケ丘2丁目交差点付近にある
NTT所有柱
NTT番号ムクダニ(一)1R2号について
NTT協力会社であるミライト・テクノロジーズ
Oさまから2020年8月24日に
同コンクリート柱についてNTTが建替えの意向で
ある旨、連絡を頂いたものを最後のデータ
裏どりとし、全調査を完了しました。

 

5年以上の年月、費用を費やしましたが
今回、日本全国に正確な情報、記事として
お知らせできた事は電柱netとして
非常にうれしく思っています。

 

また、光文社 FLASH担当 Kさまにも
この場をお借りしてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

 

電柱netでは今後もわかりやすく電柱をはじめ
電力設備にまつわる様々な内容をお送りしたいと
考えています。

明日からこのデータベースを活用した
新たな商品を9月2日午後(時間未定)から
販売を開始します。ご期待下さい。

コメント